格安手数料の証券会社&ネット銀行を探せ
証券会社の手数料値下げ合戦が白熱な中、ネット銀行でもいろいろ動きが出てきてます。資金の入出金でネット銀行には結構お世話になっていますので、その情報を両者まとめて素早く簡潔に記していこうかと思います。
プロフィール

otimista

Author:otimista
小額デイトレーダーです。関心は無料トレードから100万円以下の価格帯。ネット銀行は新生銀行、セブン銀行、最近イーバンクを開設してtoto をネットでトライ!

最近のコメント

最近のトラックバック

使ってます!ネット銀行

ネットでtoto、競馬、デイトレード、ヤフオクならイーバンク銀行 ネットでtoto、競馬、デイトレード、ヤフオクならイーバンク銀行

リアルタイム入金に対応の証券会社が多く、株取引するには非常に使い勝手の良いネット銀行です。

使ってます!ネット証券会社

イー・トレード証券 
イー・トレード証券

自分の株取引のスタートはイー・トレード証券でした。最初は定評のある証券会社から始めるといいと思います。

検討中!ネット銀行

FX(外国為替証拠金取引)はジャパンネット銀行 FX(外国為替証拠金取引)はジャパンネット銀行

FX(外国為替証拠金取引)を扱うネット銀行というのがジャパンネット銀行の大きな特徴です!

検討中!ネット証券会社

中国株は内藤証券 中国株は内藤証券

中国株も興味あるのでいつかはトライしてみたいです!

使ってます!ネット証券会社

マネックス証券

FX(外国為替証拠金取引)を始めるため開設しました。マネックスナイター(夜間取引)も情報収集のためによく活用させてもらってます。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ライブドア証券の次は?」
いよいよジョインベスト証券の手数料公表が週明けに迫ってきましたが

珍しくトラさんブログ手数料についての記事が載ったのでトラバっ!m(_ _"m)ペコリ

ポワさんや、トラさんはケッコーGMOインターネット証券に期待している模様。。。

この辺は、その人固有の事情が反映されているわけで
しかし、みなさんどこに移住するのでしょうか?

やっぱ、タネ銭多い人達はナニをとっても「定額制」という方向なのかなと

自分は「定額制」でペイできるかどうかビミョーなタネですし。。。(泣)
またGMOはケチな印象しかないんでどうも。。。

サーバーのロリポップにしても年がら年中サーバー重いし、落ちるわ、カスタマーセンターはタチ悪い。。。確かに安いけどケチりすぎてサービス悪い。。。といった印象しかないんですよね~

案の定、ホームページ見てみても

■出金方法

原則、最低出金額は1万円、最高出金額は1億円とさせていただきます。但し、残高が1万円以下の場合は、全額出金となります。



小額でトレードしている自分には、この「残高が1万円以下の場合は、全額出金

ここまでしてケチるか!という印象は拭い得ませんのでつ

これ以上ビタ1円も余計にカネかけねーぞ、みたいな匂いがプンプンする。。。

でもまぁ、まだ3ヶ月あるしそこで自分の偏見(?)をひっくり返してくれるような料金体系を発表してくれることを祈ります!

とりあえず、自分は岩井証券オリックス証券の準備をしましたが、今のトコは岩井かなといった感じです。

月曜のジョインベスト証券は。。。あんま期待できんけど

全くヤル気のない楽天証券コスモ証券なんかに、せめてインパクトだけでも与えてくれないかなぁ~♪
スポンサーサイト

テーマ:手数料 - ジャンル:株式・投資・マネー

いまいちよくわかってないメガバンクの奴等
銀行を訴えるなんていうこと考えるのは、コイツらくらいでしょ。。。

でも、訴訟で起こさんとメガバンクってのは自分がナニやってるか自覚することはまずないんだろうから

この手のケンカは大いにやって欲しいっ!消費者ガンバレっ!

正直、合併後のこの「三菱東京UFJ銀行」、サービス悪くなってます。
私事ですが、先日久しぶりに記帳しに行ったら、過去の記帳分が束ねられており、表示されてません。問い合わせてみたら、過去の記帳分を確認するには一ヶ月分840円も手数料を取ると言うんで断念しました。これにゃぁホント参りました!

確定申告なんかに使ってる場合なら、一年分確認しないといかんから、そんなんしてたら10,080円もぶっ飛んでしまう。。。

こんなん完全にボッタクリです。。。。

先日アイフルに対して行政処分がありましたが、コイツらにも天誅加えてやって欲しいものです!


「ネットバンキング手数料上げは独禁法違反」弁護士提訴
2006年04月27日20時13分
 三菱東京UFJ銀行による事業者向けインターネットバンキングサービスの手数料をめぐり、利用者である第二東京弁護士会所属の青木信昭弁護士が27日、「優越的地位を利用して値上げをしたのは独占禁止法違反にあたる」として同行に、手数料が値上げ前の額であることの確認を求める訴訟を東京地裁に起こした。

 訴えによると、同行は合併を機に、今年1月からこのサービスの手数料を振込額に応じて40~67%値上げした。原告側は「サービスを受けている事業者は、取引銀行を変えるのは困難。大幅な値上げは優越的な地位の乱用だ」として、値上げ分の差額の返還も求めている。

 インターネットバンキングは、パソコンで残高照会や振り込みなどができるサービス。同行は今年1月、合併前の東京三菱銀行時代に210円だった他支店への振込手数料(3万円以上)を315円に、315~525円だった他行への振込手数料を525~735円とした。


テーマ:手数料 - ジャンル:株式・投資・マネー


最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。