格安手数料の証券会社&ネット銀行を探せ
証券会社の手数料値下げ合戦が白熱な中、ネット銀行でもいろいろ動きが出てきてます。資金の入出金でネット銀行には結構お世話になっていますので、その情報を両者まとめて素早く簡潔に記していこうかと思います。
プロフィール

otimista

Author:otimista
小額デイトレーダーです。関心は無料トレードから100万円以下の価格帯。ネット銀行は新生銀行、セブン銀行、最近イーバンクを開設してtoto をネットでトライ!

最近のコメント

最近のトラックバック

使ってます!ネット銀行

ネットでtoto、競馬、デイトレード、ヤフオクならイーバンク銀行 ネットでtoto、競馬、デイトレード、ヤフオクならイーバンク銀行

リアルタイム入金に対応の証券会社が多く、株取引するには非常に使い勝手の良いネット銀行です。

使ってます!ネット証券会社

イー・トレード証券 
イー・トレード証券

自分の株取引のスタートはイー・トレード証券でした。最初は定評のある証券会社から始めるといいと思います。

検討中!ネット銀行

FX(外国為替証拠金取引)はジャパンネット銀行 FX(外国為替証拠金取引)はジャパンネット銀行

FX(外国為替証拠金取引)を扱うネット銀行というのがジャパンネット銀行の大きな特徴です!

検討中!ネット証券会社

中国株は内藤証券 中国株は内藤証券

中国株も興味あるのでいつかはトライしてみたいです!

使ってます!ネット証券会社

マネックス証券

FX(外国為替証拠金取引)を始めるため開設しました。マネックスナイター(夜間取引)も情報収集のためによく活用させてもらってます。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松井証券社長の認識と野村の予定
松井証券社長野村のジョインベスト証券を一番のライバルと言ってるのは既知のお話しですが

今日出たロイターのインタビューにてちょっと気になる事を言ってました。


第1点は
 野村のジョインベスト証券の手数料体系の公表予定が「5月8日」だということ

第2点は
 野村が手数料を下げてこなかったほうが恐いという認識であるということ

自分としては、野村証券なぞは「業界最低水準」とか言ってみても恐らく昔ながらの時代錯誤なボッタクリ提示しかできず、松井証券らは肩透かし状態になるという認識なのですが、どうもそうは思ってないのですね。。。


松井証券は6月の株主総会で副社長に実弟を迎え入れるなど役員の大幅な刷新をする。松井社長は、新経営陣の下で、イー・トレード証券<8701.Q>や楽天証券など他のネット証券に奪われたセカンダリーマーケットで「シェア奪還をまず第一の目標としてがむしゃらにやる」と語った。
 5月8日に手数料体系を公表予定で業界の注目を集めている野村のジョインベスト証券については、「野村(グループ)の協力のもとで、大和や日興のいろいろなトライアルを十分研究したうえで今回(ネット証券業に)参入して来る。これをどうして侮れようか。(松井証券にとって)最大のコンペティターだ」と述べた。
 ジョインベストは手数料体系について「業界最低水準にする」との方針しか発表していないが、松井社長は「もし(業界最低に)やってきたら大したことはない。むしろ逆に(業界最低に)やらなかったら手ごわい。手数料をそれほど下げずにやるとなれば、それだけの武器を携えて競争するつもりとの宣言になる」と警戒心をにじませた。



全文は下記にて
http://today.reuters.co.jp/news/articlenews.aspx?type=topNews&storyid=2006-04-28T193215Z_01_NOOTR_RTRJONC_0_JAPAN-211712-1.xml
スポンサーサイト

テーマ:手数料 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://otimista.blog64.fc2.com/tb.php/4-90ca83af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。